笠石の皆さん、おめでとうございます!

皆さん、こんにちは。 里美支部の磯部です!
里美は昨夜、初雪が降りました!皆さんのところはいかがですか??

先ほど嬉しい電話が1本頂きましたので、皆さんにもお伝えしますね(∩´∀`)∩

里美地区小妻町にある笠石という集落が、なんと!!! 
中山間地域等直接支払制度を使って環境保全をしている団体から選ばれて「県知事賞」を頂けることになりました!!!!!!!!(≧▽≦)♪

笠石集落は里美のマチュピチュ?というような感じの、細~い道をひたすら通って行くと一気に開けるところにある集落です。
初めて笠石の地を訪れた時に、棚田の田園風景が広がり、学生時代にフィールドワークを行っていたインドネシアの地を思い出しました。
この「笠石」という集落の名前の由来はこちらの石です。
笠石
この笠のような自然に出来た出っ張りのある石を「笠石」と呼び、この石の付近にあった集落が現在の笠石集落です。
ここは「塩の道」と呼ばれるかつて平潟港から大子生瀬の方まで抜ける塩や魚等を運んだとされる道が通っており、
現在その道にはきれいな滝がいくつもある、見応えのあるハイキングコースとなっています。
こちらがその滝のひとつの「笠石の滝」です。
笠石の滝
今年の7月に「ふるさと探検隊」という県から委託を受けた事業を行うことになった際に、笠石集落の皆さんにもお願いして、
集会所をお借りして、塩の道ハイキングの後に流しそうめんをしたりするイベントを実施しました。
笠石1笠石2
今回の受賞されることになったのは、笠石集落の皆さんが中心となって「塩の道保全隊」を発足して塩の道を整備していたこと、
そして集会所を開放してこのふるさと探検隊の対外交流のイベントにも積極的に行っていたことなどが挙げられました。
10月に県の担当の方が審査に来られた時にはアキアカネという赤とんぼが乱舞し、川のせせらぎがとても綺麗に聞こえたそうです。
その様子を県の方がとても素敵に感じたらしく、受賞が決まったそうです。

電話を頂いた時、
「俺たち地元は当たり前に思ってて何も感じなかった景色だけど、協力隊として磯部ちゃんが笠石を素敵だと言ってくれて、
『ふるさと探検隊』のようなイベントのお話も持ってきてくれなかったら、この受賞はなかった。笠石の魅力を気づかせてくれてありがとう。」
と仰ってくださったのですけれど、ふるさと探検隊は笠石の方の協力がなければ出来なかったことですし、
むしろ私は笠石ファンとして自己満足な感じで素敵なところをお話していただけなので、こういった受賞はやはり笠石の皆さんの努力の賜物だと思います。
「笠石にはこれといった特産物はないけれど、『自然』というものでアピールしていきたい」ということです。


授賞式は来年の2月に茨城県庁にて行われるそうです。
最後となりましたが、笠石集落の皆様、今回の受賞、おめでとうございます(*´▽`*)♪
そして、今回の受賞のきっかけのひとつであるふるさと探検隊は私達協力隊だけでなく、
地域団体である里美の水プロジェクトの皆様のご協力もあってできたイベントです。
笠石集落を盛り上げるきっかけを作ってくださってありがとうこざいました(`・ω・´)
また、まだ塩の道のハイキングコースをまだ歩いたことのない方、笠石を訪れたことない方、是非笠石に行ってみてください!
とっても素敵なところで、とっても懐かしい気持ちを思い出させてくれますよ(*‘∀‘)

では、長々とお付き合い頂いてありがとうございました♪

里美支部*磯部





2014-12-13 | Posted in 里美No Comments » 
Comment





Comment