仲間であり居場所。

こんにちは。金砂郷支部の白石です。
12月に入りあっという間ですね。

11月30日に開催した「金砂郷のけんちん村まつり」について少し書きたいと思います。
天気にも恵まれ、最高のけんちん汁日和だったのではないかなと思います。

10420402_656676167782213_1040803648293718124_n (1)
写真は、実行委員会のコアになったGO!郷!会をはじめ、友達・家族・恋人など繋がりに繋げっている方々の集合記念写真になっていますが、実際開催にあたっては、
観光物産協会金砂郷支部や市役所や出店して下さった地域の方々やご来村された方、温かく見守って下さった方、いっしょにイベントをつくりあげてくださった方々、たくさんの方が多方面で支え合って出来上がった動きなのではないかなと感じます。


DSC01427
事前にどんなけんちんが出るのかなー!ということで伺ったお家のけんちん!しょうゆベースで取れたて野菜をふんだんに使ったおいしいけんちんでした!

DSC01512
まつり前日の準備には、茨城大学人文学部の学生たち30名ほどが、地域リーダーの育成を目的とした「地域課題の総合的探究プログラム」の一貫で、
GO!郷!の発端の話や協力隊の話を聞いたり、実際にイベントの前日にこういうことをするんだということを知るためにもいろいろと手伝っていただきました。
写真は、私が撮り溜めた地域の方々の笑顔の写真、「金砂郷スマイルプロジェクト」の展示を担っていただきました!

金砂郷のけんちん村まつり当日には、各自でいろいろ準備などある方もいるため、早い人は寝てないのではないかという感じ。
DSC01678金砂郷で行うイベントだから、そばはこだわるにこだわる、金砂郷産の常陸秋そば粉使用、手打ちです。


DSC01722GO!郷!会のメンバーでもある方から、「昔の農機具展示」をしたら、地域のお年寄りの方も懐かしんだり、子どもたちにも身近に感じてもらえるんじゃないかな。ということで行いました。
「エンジンが、なかなかかからなくて、でもお客さんがどんどん集まってきて、エンジンがかかった時は拍手をもらったことは、本当に達成感だった!エンジンをかけるだけにも半日つぶれたりしたという昔の人の苦労も知ってもらえてよかった」とのことです!

DSC01702子ども向けの遊びには、「けんちんマンを探せ!」というゲームを用意しました。昨年とは少し違う設定で、1人ではなく4人にバージョンアップしました
時間配分など反省点もあります。来年に活かしていきたいです。

DSC01673ステージは去年に引き続き、地元の方々の発表の場に。
北中学校が今年度いっぱいで南中学校と統合になるということもありますが、今年は北中学校の方々はボランティアとして大活躍して頂いたのと、ステージでも踊りや合唱などをして
くれました。一生懸命さが伝わってきて、地域の子どもは大切たほうがいいと身にしみて実行委員会メンバーも感じました。

金砂郷のけんちん村まつり開催にあたっては、何度も何度も会議を進めて話をしてきました。
DSC01328実行委員会のようす。
おまつり当日に夜には反省会を行いました。1人1品持ち寄りで行い、わいわい話が進められていたのですが、その中でも「今日の事今のうちに振り返ったほうがいいのでは」という
メンバーの声もあり、1人1言づつ感想や反省やお客さんに頂いた言葉などをシェアしました。
市民から沸き起こって開催したイベントのため、不十分な点もたくさんありました。
まだまだ様々なプロジェクトが控えており水面下では進んでいますが、これからも柔軟に軌道修正しながら、仲間で同じ方向を見ながら前に進んでいきたいです!
なによりメンバーの多くがGO!郷!会を「居場所ってかんじ」と捉えているのがステキだなと思います、私もです(*^^*)

DSC02012後日。常陸太田市内でそばを振る舞っていただける機会があり、けんちん汁が!!!!
NHK水戸でけんちんまつりのことが放映して頂けたこともあり、けんちん汁トークでもりあがりました♪
こちらのお家のけんちんには、「しんこもち」が!!
お餅よりあっさりしたうるち米使用のしんこもちが・・・!
醤油ベースの上品なだしや野菜の風味でおいしい新そばをいただきました♪

まだまだ、けんちん汁のバリエーションや家庭によっての歴史は深そうです・・・・!


金砂郷支部*白石


2014-12-11 | Posted in 金砂郷No Comments » 
Comment





Comment