金砂郷支部の三度目の春

こんにちは。金砂郷支部ゆりのです。
みなさんお元気お過ごしでしょうか?

新しい環境に飛び込んだ方、心を新たにして継続して歩んでいる方、
それぞれルリエの元メンバーがそうなっているように時が経過していますね。

DSC00088
私は3回目の金砂郷での春を迎え、
藤の花の時期かなぁ、もうすぐクリムソンクローバーの時期だ!
と思うようになりました。
それでも、今年になってはじめてたくさん山吹の花の群生を見たり、
蒟蒻の花を発見したりしています。
3年目も季節ごとの発見があり、新鮮味を感じられているのは当たり前に感じている景色の中から、
新たな発見は隠れているんですね。


4月に入り、新メンバーになりました。
金砂郷支部は今まで2人で活動していましたが、
1人になり心配の声をいただきます。


活動の取り組みの多くは、2年間で出会った地域の方と行います。

毎春に行われている、金砂郷地区最北端部の金砂地区上宮河内町の
金砂の湯で「さくらまつり」が行われました。


上宮河内町の有志の若者の団体「上宮同志会」による出店♪
地元を支え、地域を盛り上げる!ため、毎年さくらまつりへの出店の他に
町内に桜の植木、管理や地域の草刈などを行っています。

今年は3年目にして、はじめて全日2日間、上宮同志会のメンバーと
一緒に時間を過ごすことができました。


DSC00318

里美の地域の方の声掛けによる、新メンバーとの会も行われました♪
ひとり一品の持ち寄りだったため、↑の上宮同志会による出店で購入した
やきとりなどを持っていき、大好評でした♪
こんな風に人と人とか地区と地区とか少しずつ繋がりを
つくる役割を担えたらと思います。

また、さくらまつりにはGO!郷!会のメンバーも来てくれました!
金砂郷地区大里町で常陸牛を目指して牛の肥育をしている関沙雪さんですうっとり・・・
「金砂郷に住んでいてもなかなか北の方はあまり来ないんだよね、
このお祭りもはじめて。ステージも見たけど、金砂郷らしさがなくて少し
勿体ない気がしたよ。金砂郷音頭やりたいなぁ~けっこうやりたい人いるよー♪」のさくらまつりに参加してみての沙雪さんの感想がGO!郷!会の会合で出て、金砂郷音頭をGO!郷!会で覚えてみよう!という話が更に進みました。

沙雪さんといえば、金砂郷地区の久米町にタケノウチ肉屋さんという
お肉屋さんがあり、沙雪さんが育てたお肉が取り扱われる日もあります。
その竹之内さんに先日、取材をしてきました。
↑の写真は、不定期の29日(肉の日)に大売出し売りと来てくれたお客さんに試食などを行っている日のようすです。
「地域の仲間たちがいるから、外にテントを出してお客さんに対しての試食などできている。
お客さんとの交流は完全に仲間に任せている」と竹之内さんは語ってくれたのでした♪

仲間といえば、私は2年目から金砂郷地区の女性中心のボランティア団体
読み聞かせサークル「おむすびの会」の一員として活動しています。


写真は3月30日に行われた大人向け対象のおはなしライブの様子です。
この日は、金砂郷の民話の「金砂の山と真弓山」を読みました!
ライブデビュー日!笑

DSC09556

任期終了直前の中、4人とも駆けつけてくれましたー!!

地域にいっぱい仲間と私が認識している方々はいて、私は元気に活動しています。
そんな私を頼もしいね、っと言ってくれる方もいるかもしれませんが、頼もしくはないと思います。なぜなら皆さんに支えられて活動でき、生活できているのが真実だからです。


支えられている方の声から、
・地域の逸話・民話をまとめたフリーペーパーをつくりたい
・地域資源MAPをつくりたい
・協力隊がいなくなっても、大学生が地域に来れるような地盤を作ってほしい
・活動報告会の時の地域の人の笑顔の写真展がよかったからもっとやってほしい
等々の声をいただだいています。

そんな地域からの声と、一方の私達協力隊の視点も
大切にしながら、3年目も活動していきます。


新メンバーで写真撮影をする予定だったのですが、
雨になってしまったので、ワークショップをしました♪
まだ活動は始まったばかりの2人でも、3年目の私も、
向いている方向は不思議と同じ(⋆^^⋆)!!
「つながりを大切に」です。この一言にはいろんなことが含まれています。

地域おこし協力隊金砂郷支部の隊員は現在1人でも、
埼玉に住んでいた時に感じていたことが多々あった
「孤独感」は不思議と全くないです。

それは、地域や人に恵まれているからこその
ものごとの捉え方の変化、
「心の変化」であるような気がします。

今までのつながりこれからのつながりと
私を受け入れて下さっている多くの方々への感謝の気持ちを大切に
みなさんと一緒に3年目も活動します。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします!


金砂郷支部*ゆりの

2014-04-23 | Posted in 金砂郷No Comments » 
Comment





Comment