新宿のお宝

「しんじゅく」じゃないです。「あらじゅく」って読みます。

ちなみに「新宿」とつく地名は日本中に少なくても34地域はあるみたいです。

新しい宿場町ってことでしょうか?

とりあえず地名の由来は置いといて、、、

「常陸太田市新宿町」はここです!

(google)
こんな感じで、半分は山や森です。(赤枠の中が新宿町)

(google)
こんなに自然豊かなのに市街地に近く

自転車でササッと駅やスーパーまで行けます。

歌舞伎町はないけど、水戸黄門の隠居所である「西山荘」があります。

そんな「新宿町」のお宝を探す旅に行ってきます!

今回のお宝探しの仲間はこんなにいっぱいです。


4班に分かれて行動するようで、僕は3班です。


まずは「下諏訪神社」へ。


ここは新宿村だった時代に村社だったそう。

ちなみに「上諏訪神社」もあります。

現在の「上諏訪神社」への道のりは厳しく険しいため、断念。

この「下諏訪神社」入り口には大きな大きな銀杏の木が!


お社の中でお宝発見!!龍の天井画が凄いです!


残念ながら普段は公開されていませんので、写真で我慢してください。

次に向かうは久昌寺にある徳川家康の側室、「お萬の方」のお墓へお参りに。

久昌寺は、延宝5(1677)年に徳川光圀公が生母の谷久子を弔うために建立した寺院です。

久子の法号である「久昌院靖定大姉」からその名が付けられました。


ちなみに「お萬の方」は8代将軍徳川吉宗の曽祖母、ひいおばあちゃんだそうです。

「新宿町」は徳川家と縁の深い地域なんですね!

続いて「西山公園」へ。

「西山荘」は「せいざんそう」って読みます。

「西山公園」は「にしやま公園」って読みます。何でだろう?

この「西山公園」は桜の名所です。県外からも花見に来るそうです。

(下の写真の殆どの樹木が桜です。満開に咲いた桜を想像してみてください!)


花見以外でも、旧太田市街を一望できます!


ビフォアアフター!


ここは東屋も休憩室も完備されているので

お弁当持ってハイキングなんていいかもしれませんね!


4班はその他にも色々なお宝を発見しましたが

記事にしきれないのでお宝の一部を写真でご紹介!

(知る人ぞ知る諏訪神社の裏参道!森林浴が気持ちいい!)

(光圀公の遺徳を偲んで建てられた「義公廟」。 廟の中には、光圀公が生母の菩提を弔うために
法華教1部10巻8万3900字あまりを書き写した桧板30枚を納める宝塔
光圀公が集めた明版一切経が収蔵されています。)

(旅館まんだらじ)

(新宿町の植物の一部。植物博士は視点が違う!何種類もの植物の名前を即答してました。)



他の班の発見したお宝も掲載しておきますね〜!


出かけたいけど行く場所が思いつかない!

そんな時は是非新宿町でお宝巡りをしてみてください!

初めて通る道を散歩するのは楽しいですし、勾配があるので良い運動になりますよ!

最後に、本日の写真をどうぞっ!

最後まで読んでいただきありがとうございました(^ ^)

     
 

2017-10-19 | Posted in 常陸太田No Comments » 
Comment





Comment