そば職人が惚れる常陸秋そば

みなさんこんにちわ〜

移住定住促進係の塚田です。(^ ^)


今、常陸太田市はそばの花が満開から一部終わり始めてます。

情報が遅いって!?  ですよね〜(´д` 😉

そばの花って見たことありますか?

僕は生まれて初めて見ました!

本当は見たことがあったのかもしれませんが

そば好きなのに、意識して見たことがなかったんです。

そばの花は可憐です。白く小さく、沢山咲いてます。

そばの花特有の香りはありますが、一見の価値ありです!!

まだ間に合います!


そして、僕が移住した常陸太田市金砂郷地区は常陸秋そばの聖地。

金砂郷地区では、一般的なそばつゆではなく、けんちん汁につけて食べます!

その名は、『つけけんちん』!!是非、ご賞味あれ!

ちなみにそばは、植えてから85日でできます。

常陸秋そばの聖地「常陸太田市赤土町」では毎年8月10日前後にそばを植えますので

早ければ11月上旬に市内のそば屋で新そばが食べられます。

また、11月26日には金砂郷地区で『けんちん村まつり』を開催予定です!

『つけけんちん』は郷土料理なので、各家庭によって味が異なります。

けんちん村まつりでは様々なけんちん汁で新そばを楽しむチャンスです!!

一緒にお腹いっぱいそばを食べましょ〜(^ ^)

2017-09-28 | Posted in 金砂郷No Comments » 
Comment





Comment