新生活(もう3ヶ月すぎましたが!)

こんばんは。ご無沙汰しております。
元常陸太田市地域おこし協力隊田中です。
(最近はこの肩書きも使うのをやめています。)

新しい協力隊の方々、たくさんいるみたいなのに誰も更新しないんですね。
(情報発信も仕事のうちですから、更新しろよという圧力です。笑)


協力隊中の最後がどたばたすぎてあげられませんでしたので、まとめと最近の近況です。



任期中は本当にたくさんの方々にお世話になりました。
ちゃんと3年間無事にやりとげられたのも地域の方々と一緒に
様々な事にチャレンジできたからだと思っております。
たくさんの迷惑をかけました。(自覚あり)
地域の方々に笑いとボケ防止になったということでお許しください。笑
そして、今もこうして常陸太田市に残って立ち上げたプロジェクト「malsa(マルサ)」を
ペースは遅くなりながらも地域の方々とやり続けられることに感謝しております。
もっとしっかりしなくちゃだなと実感しておりながら、時間の制約があるなかで
やっているもどかしさをひしひしと感じでおります。
そして、本業があるのに今まで見捨てずに私と一緒にやってきてくれている方々の
労力が少しずつわかってきました。本当に!
そして現在、平日は茨城県観光物産協会で働いております。。



今の仕事が決まったのが3月27日で、最後の最後までばたばたしておりました。笑
いろんな人に次の仕事の報告の連絡や引き継ぎ、
やっていたことの整理をしていたため悲しむ暇も別れを惜しむ暇もなく、
今の生活に突入しました。
それより、協力隊としての最後の1週間は咳と謎の高熱に悩まされました。
ほんっっっっとに辛かった!(笑)今特になにもないので大丈夫です。
ただの風邪だったはず。



今の仕事になり3ヶ月すぎ、やっと生活リズムが掴めてきたかなという感じです。
毎日同じ時間に出勤して、帰ります。
最初の頃はこれが結構辛くて、、、
同じ時間に行って帰ってくるという生活が義務教育ぶりにはじまりました。
水戸市内へ通勤しております!片道1時間弱!遠い!
みんなに心配されますが、私は通勤時間がすごく好きです!
音楽を必然的に聞く時間ができて自分の趣味を思い出しました(笑)
そして、組織に属しました。上司がいて、私は部下になりました。
自分用に新しい机と新しいパソコンが用意されていて、新しい名刺ももらいました。


新しい名刺をもらった時「ああ、もう里美の協力隊じゃないんだ」
と実感して悲しくなって涙をぐっと堪えました。
朝、家から出ていく時もう帰ってこれないんじゃないかと思ってぽろぽろ泣いていました。
(今となればなぜそんなことを思ったのかわからないし、普通に帰って来たけどね!笑)


今年度から始まった新しい部署のため、
走りながら形のないものを作っていく楽しさや知らないことを知れる環境は
私にとってはわくわくすることばかりで毎日充実しています。
(即戦力担って欲しいと確か面接で言われ入ったのに、まだまだ何もできないので忘れます)
最初に入った時に「この会社は寄せ集めの集団です」って言われたのですが、
出向している人や様々な職種を経験した方々、面白い人、いろんな言語が飛び交っていて
とても刺激的で、今までとはまた違った面白さがあります。

と、思えるのについ最近までかかりました。笑



自分で望んだとはいえ、誰も知らない場所は不安しかなかったです。
なんで「茨城にきたんだろう?」という、そもそも論から考えはじまり、、、
「転職 不安」でGoogleで検索したら、たくさん出て来て
ああ、自分だけじゃないんだなあと思って少し安心しました。笑
最初の週末に地域の人と話をしてたら、
「ちゃんと行けてるの!?(笑)」から会話がはじまりました。
ちゃんと行ってる!!と思って我ながら笑ってしまいました。
また、他の人に不安だと言ったら、

「あかねが里美にきた時だって最初はおんなじだったでしょうよ〜、
誰も知ってる人いなくて1人だったんだから今は帰る場所があるんだから
不安なんて言ってんじゃないよ!(笑)」

と言われました。(笑)

たしかに、里美に来た時もおんなじ状況だったなあ!
誰も知ってる人もいないところで、仕事して、生活をして。
気づいたらそこが自分の居場所になっていくのかと!
私の今後を心配してくれる人がいて、私の就職を喜んでる人がいる。
こうやって今の仕事の話をできる人がいる。
「きっと今の場所も離れる時は新たな居場所になる」
と思ったら地に足がついた感じになりました。
初日から朝ちゃんと起きたかメールをたくさんいただいたし、
ほんとみなさんの心配の種はをたくさん作って、ごめんなさい。(笑)
たまにおかずいただいたり、帰り寄って行きなって言われて
「もう温めれば食べられるよ」っていっていただいた物に何度助けられたかーー!!



よく、「里美が好きだから残ったんだねえ」と言われるのですが
それには胸張って「はい」と返事はできなくて、
確かに好きだけど、「好き」という感情だけでここに残るということは
それはそれはとてもリスクの高い行動だと思っています。
あくまでも私の意見なので他の方々にはいろいろな意見があると思います。
結局、3年間の協力隊生活の中でプロジェクトをしっかりと形にすることが
できなかったという多少の心残りともう少しやったらいい形になっていくのではという
期待と挑戦したい気持ちが里美に残る選択をした決め手だと思ってます。
「こうやって残ってくれてイベントに出てくれたりして嬉しいですね!」
って言葉もたくさん言われるのですが、それに関しては言われるたびに
「だったら私じゃなくてイベント係のそこらへんの人でいいじゃん」
というひねくれた思いもします。(笑)



いつになるかわからないけど、きっと私はここを出て行く人間だからこそ
しっかりとしていかないとだなと感じている今日この頃でした。
ベタ打ちしていたらまとまりがなくなってしまいました!
つい最近は休みの日に梅とりさせてもらってかもすけにも会えました!


里山生活のいいとこどりをしてこれからも生活して行きます!
それではまたいつかどこかで〜。

2017-07-23 | Posted in 里美, 常陸太田No Comments » 
Comment





Comment